セクション3

3番目のセクションでは、異なる3つのグループで移動します。 あなたが、グループ1のメンバーならば、右の椅子に座っています。

Japanese Group 1.png

このセクションは最も複雑なところなので、このセクションを覚えるには、セクション1と2を覚えた時より時間がかかることでしょう。

セクション3パート1:

セクション3のパート1では、合計4つの「Ooh Aah!」に従います。

  1. 最初の「Ooh Aah!」では、左右の動きをします。

  2. 2番目の「Ooh Aah!」では、手を挙げて、シェイクしはじめ、そしておろします。

  3. 3番目の「Ooh Aah!」では、手をおろし続けるとともに、揺れを大きく、激しくします。

  4. 4番目の「Ooh Aah!」では、両手はさらに下へ、そしてもっと揺れを大きくします。

音楽に合わせると、次のようになります。

今私と一緒にやってみましょう!

パート1に慣れたら、パート2に進んでください。

パート2:

パート1では、自分たちの動く瞬間を理解するために、「Ooh Aah!」を使用しましたが、次のパート2では、自分の動きをタイミングに合わせられるように、再び音楽のカウントをすることが必要になります。2つの8カウントの間、腕を必死に動かします。形や方向は自由です。 次の2つの8カウントでは、それぞれの「Ooh Aah!」で体のいろいろな部分を持ちます。体のつかむ部分は自由ですが、各「Ooh Aah!」で異なる体の部分を持つように意識してください。

さて、この部分をまとめると、このように見えます。

さて、動画をみたら、今度は私と一緒にやってみましょう。動きとともに音楽のカウントの練習をするのを忘れないでください。

最後に、セクション3のパート1と2を組み合わせて練習します。

さて、これができる自信があると感じたら、パート2に進んでください。

パート3:

セクション3のパート3は、木琴が聞こえてすぐに始まります。このセクションでも、カウントが必要になります。木琴が聞こえたら、立ち上がり、8カウント3っつを刻みます。 3度、8カウントの小節が過ぎたら、その次の4カウントで座り、次の4カウントで手を空中に上げます。

自分で立ち上がったり、座ることができない場合は、座ったままチョップしてください。

このように見えます。

今私と一緒にやってみましょう。:

セクション3のパート3に慣れたら、セクション3のすべてを一緒に練習しましょう。

最後に、セクション3ができると確信したら、それをセクション1と2と組み合わせることができます。